そもそも法定後見とは?

そもそも「法定後見における後見」とはどのような行為や活動を意味しているのか、について説明します。(任意後見における後見行為や活動とは少し違いがありますので注意してください)

後見というのは、民法の言葉でいいますと、

  • 「精神上の障害により事理を弁識する能力を欠く常況にある者」(後見)
  • 「精神上の障害により事理を弁識する能力が著しく不十分である者」(保佐)
  • 「精神上の障害により事理を弁識する能力が不十分である者」(補助)

に対して、その人の財産管理を行い、身上看護(主に契約面で)を行うことを言います。法定後見には上のカッコ内にあるように弁識能力(判断能力)の程度に応じて「後見」「保佐」「補助」という3つのタイプがあり、それぞれのタイプによっても後見の活動内容は異なりますが、全体的に言いますと、後見人などは、本人に代わって重要な契約をしたり、本人のした契約に同意したり、本人が間違っておこなった契約を取り消したり、あるいは逆に本人がしてしまった契約を認めることにより本人を保護します。そして、契約した医療行為や介護活動、賃貸契約や売買契約が予定通り行われているのかを確認します。本人に代わって支払をしたり税金の申告をしたりするのも後見人の仕事です。このように、法定後見で言うところの後見行為・後見活動とは、主に契約とその契約の履行を確認するという点で本人の権利を守り生活を守る活動のことを言います。

一方で、食事の世話や、入浴や排せつなどの介護行為、病院への送り迎えなど身の回りの世話などは後見人の仕事ではありません。むしろ、このような事実的な活動を行ってもらうために必要な各種契約を締結して生活を滞りなくできるようにするのが法定後見人などの仕事です。

それから、本人の結婚や離婚、養子縁組などの身分上の行為や遺言についても、後見人が関与できることではありません。これらは、判断能力が低下した後でも本人しかできない行為だからです。

営業エリア
奈良県北和地域 奈良市、生駒市、天理市、(旧)月ヶ瀬村、(旧)都祁村
奈良県中和地域 大和高田市、橿原市、桜井市、御所市、香芝市、葛城市、北葛城郡広陵町、磯城郡川西町、磯城郡三宅町、磯城郡田原本町、高市郡明日香村、高市郡高取町
奈良県西和地域 生駒郡平群町、生駒郡三郷町、生駒郡斑鳩町、生駒郡安堵町、北葛城郡上牧町、北葛城郡王寺町、北葛城郡河合町
奈良県東和地域 天理市、桜井市、宇陀市、曽爾村、御杖村、山添村
京都府南部地域 宇治市、城陽市、京田辺市、木津川市、綴喜郡宇治田原町、綴喜郡井手町、相楽郡笠置町、相楽郡和束町、相楽郡精華町、相楽郡南山城村、(旧)山城町、(旧)加茂町
上記以外の地域 当事務所は、上記の主な営業エリア以外でも、大半の業務について全国対応いたしております。ただ、後見人就任などの特定の業務については対応できない事、交通費などが必要となる場合がある点にご留意ください。当事務所にご関心をお持ちのお客様は、遠慮なくお問い合わせください。ご希望に添えるよう対応させていただきます。
近隣駅 学園前、富雄、菖蒲池、学研奈良登美ヶ丘、学研北生駒、西大寺、平城、高の原