遺言を探す 遺言を確認する

 遺産相続の手続きでまず必要になるのが、遺言書があるかないかの確認です。遺言があれば基本的には遺言で指定されたように遺産分割することになりますし、遺言がなければ法定相続分で相続するか、相続人全員で行う遺産分割協議により相続することになります。

 遺言には、普通の方式として
  ・ 自筆証書遺言
  ・ 公正証書遺言
  ・ 秘密証書遺言
の3つがあると民法で規定されています。被相続人があらかじめ「遺言を遺しているかどうか、どこに遺しているか」を伝えておいてくれるとよいのですが、そうでない場合は積極的に探す必要がでてきます。そして、その探し方が遺言の方式によって異なります。

 自筆証書遺言の場合は、自分で書いて自分で保管する遺言ですから、被相続人のタンスの中や貸金庫など保管されていそうな場所を探すことになります。そして自筆証書遺言が見つかったときは開封することなく家庭裁判所へ持参し、遺言の検認の手続きを行う必要があります。

 公正証書遺言があるかどうかも確認します。最寄りの公証役場(日本公証人連合会のページで確認できます)に出向いて検索してもらいます。

Q  亡くなった人について,遺言書が作成されているかどうかを調べることができますか?
A  平成元年以降に作成された公正証書遺言であれば,日本公証人連合会において,全国的に,公正証書遺言を作成した公証役場名,公証人名,遺言者名,作成年月日等をコンピューターで管理していますから,すぐに調べることができます。
 なお,秘密保持のため,相続人等利害関係人のみが公証役場の公証人を通じて照会を依頼することができることになっていますので,亡くなった方が死亡したという事実の記載があり,かつ,亡くなった方との利害関係を証明できる記載のある戸籍謄本と,ご自身の身分を証明するもの(運転免許証等顔写真入りの公的機関の発行したもの)を持参し,お近くの公証役場にご相談下さい。(日本公証人連合会ホームページより)

 つまり、平成元年以降に作られた公正証書遺言は全国どこのものでも自分の最寄りの公証役場で検索してもらえるということです。一方で平成元年以前のものは公証役場間の検索ができないようですから、亡くなった方が実際に公正証書遺言を遺した公証役場に問い合わせないと分かりません。ですから、亡くなられた方の住所地の近くの公証役場などを数か所あたってみると良いでしょう。

 秘密証書遺言の場合も公正証書遺言と同様に、遺言が存在するかどうかは公証役場で確認することができます。しかし秘密証書遺言は本人が保管しますので、その原本はタンスや貸金庫などから探すことになります。そして、秘密証書遺言が出てきた場合も家庭裁判所で検認をしてもらいます。

 既に遺言があることがわかっているが自分はその内容を知らないというケースもあるでしょう。自筆証書遺言の検認を他の相続人が行ったようだが、自分に内容を教えてくれない場合や、検認の手続きを済ませていない遺言を他の相続人が持っていて見せてくれない場合などがこれに当たります。

 検認済みのものに関しては被相続人の最後の住所地を管轄する家庭裁判所に謄本の請求を行うことができます。しかし、検認が済んでいない場合は、遺言を所持している相続人宛にとりあえず書面で開示請求書を送付することから始めることになるでしょう。

 どのようなケースであれ、遺言が存在する場合は、相続人がその遺言書の内容を確かめてから具体的な遺産相続の手続きに進むことになります。手続きを依頼する場合や、ご不明な点についてはお問い合わせください。

営業エリア
奈良県北和地域 奈良市、生駒市、天理市、(旧)月ヶ瀬村、(旧)都祁村
奈良県中和地域 大和高田市、橿原市、桜井市、御所市、香芝市、葛城市、北葛城郡広陵町、磯城郡川西町、磯城郡三宅町、磯城郡田原本町、高市郡明日香村、高市郡高取町
奈良県西和地域 生駒郡平群町、生駒郡三郷町、生駒郡斑鳩町、生駒郡安堵町、北葛城郡上牧町、北葛城郡王寺町、北葛城郡河合町
奈良県東和地域 天理市、桜井市、宇陀市、曽爾村、御杖村、山添村
京都府南部地域 宇治市、城陽市、京田辺市、木津川市、綴喜郡宇治田原町、綴喜郡井手町、相楽郡笠置町、相楽郡和束町、相楽郡精華町、相楽郡南山城村、(旧)山城町、(旧)加茂町
上記以外の地域 当事務所は、上記の主な営業エリア以外でも、大半の業務について全国対応いたしております。ただ、後見人就任などの特定の業務については対応できない事、交通費などが必要となる場合がある点にご留意ください。当事務所にご関心をお持ちのお客様は、遠慮なくお問い合わせください。ご希望に添えるよう対応させていただきます。
近隣駅 学園前、富雄、菖蒲池、学研奈良登美ヶ丘、学研北生駒、西大寺、平城、高の原