遺産分割

 亡くなられた方(被相続人)が遺言を残している場合、遺産は遺言に指定されている通りに相続することになります。一方、遺言がない場合や、遺言に記載されていない財産については、相続人全員が法定相続割合で相続したことになります。

 金銭であれば法定相続割合で相続してもそれぞれの相続財産は明確に分割できますから問題ありません。しかし、不動産の場合はそのままの割合で登記しますと、共有者が多くなりますから、以後、利用したり売却したり又は賃貸する場合に共有者間で意思統一を図ることが難しくなります。また、相続人に相続が発生する二次相続で更に共有者が増えてしまう可能性があります。このようなことを避けるために、不動産については法定相続割合のまま相続するのではなく、なるべく単独所有もしくは共有者の数を限定するケースが多くなっています。

 このように、相続人が法定相続割合と異なる方法によって相続することを望む場合は、相続人全員で協議し、その協議結果を遺産分割協議書としてまとめます。また、遺言はあるけれども遺言での指定方法とは異なる方法で相続したいといった場合にも遺産分割協議書を作成いたします。(遺言がある場合の遺産分割協議につきましては別途検討が必要です)

 相続財産には、現金、預貯金、株券、不動産、動産など様々な種類の財産が含まれ、また、相続人も配偶者、子、親、兄弟と様々な関係と地位にある者が含まれます。把握している全財産についての協議書を作成する場合もあれば、不動産なら不動産に限定して協議書を作成する場合もあります。二次相続に備えて計画的に分割する必要もありますし、相続税額をできるだけ抑えるように分割する必要もあります。

 様々な条件を総合的に判断して、相続人誰もが納得できるような分割方法を見つけ出してゆくために知恵を使うことが大切です。

 当事務所では遺産分割協議書の作成を承っています。長期化・紛争化するのを避け、お互いが気持ちよく円満に相続をするために、まず法律と登記の専門家である司法書士にご相談ください。

営業エリア
奈良県北和地域 奈良市、生駒市、天理市、(旧)月ヶ瀬村、(旧)都祁村
奈良県中和地域 大和高田市、橿原市、桜井市、御所市、香芝市、葛城市、北葛城郡広陵町、磯城郡川西町、磯城郡三宅町、磯城郡田原本町、高市郡明日香村、高市郡高取町
奈良県西和地域 生駒郡平群町、生駒郡三郷町、生駒郡斑鳩町、生駒郡安堵町、北葛城郡上牧町、北葛城郡王寺町、北葛城郡河合町
奈良県東和地域 天理市、桜井市、宇陀市、曽爾村、御杖村、山添村
京都府南部地域 宇治市、城陽市、京田辺市、木津川市、綴喜郡宇治田原町、綴喜郡井手町、相楽郡笠置町、相楽郡和束町、相楽郡精華町、相楽郡南山城村、(旧)山城町、(旧)加茂町
上記以外の地域 当事務所は、上記の主な営業エリア以外でも、大半の業務について全国対応いたしております。ただ、後見人就任などの特定の業務については対応できない事、交通費などが必要となる場合がある点にご留意ください。当事務所にご関心をお持ちのお客様は、遠慮なくお問い合わせください。ご希望に添えるよう対応させていただきます。
近隣駅 学園前、富雄、菖蒲池、学研奈良登美ヶ丘、学研北生駒、西大寺、平城、高の原